塚本鍛冶工業トップページ > 会社情報 > 沿革・概要

会社情報

株式会社塚本鍛冶工業 工場

塚本鍛冶工業 社是

塚本鍛冶工業 社訓

ご挨拶

塚本鍛冶工業 代表取締役 塚本勝巳
代表取締役 塚本 勝巳

 弊社は明治末期から続く鍛冶屋(農鍛冶)の3代目(塚本八十吉)として豊田市に「塚本鍛冶屋」を興したのが始まりです。
 農機具の機械化が進む中でほとんどの鍛冶屋は廃業しましたが1967年に時代の流れを見据えて建築鉄骨の製作・施工を主たる業務として「塚本鍛冶工業所」を設立。1991年には、社名を株式会社塚本鍛冶工業と改称し、2015年には創業80周年を迎えることができました。
 2017年には国土交通大臣認定(Mグレード)を取得し、地域社会に必要とされる企業として「Quest of Quality」(品質の探求)を社訓にたゆまぬ技術の向上に努めています。

会社概要

会社名
株式会社 塚本鍛冶工業
代表者
塚本 勝巳
創 業
1935年(昭和10年)
資本金
1,000万円
事業内容
建築鉄骨、その他鋼構造物の製作・施工および、これらに付随する一切の工事
主要取引先
太啓建設(株)、水嶋建設(株)、川端建設(株)、野沢建設(株)、
日東工営(株)、(株)メイダイ、まるひ建設(株)
(順不同)
主要仕入れ先
(株)寺部商店、(株)岸、フルサト工業(株)、 (株)新東、(株)アック、
コンドーテック(株)、アドバンス(株)
(順不同)
主要取引銀行
三重銀行 豊田支店


会社沿革

1935年
塚本八十吉が豊田市三軒町で「塚本鍛冶屋」を創業
1971年
個人事業として塚本重夫が同所に「塚本鍛冶工業所」設立
1991年
社名を「株式会社塚本鍛冶工業」と改称、資本金1,000万円
1993年
本社工場を豊田市白山町に移転
1999年
同所に本社事務所開設
2002年
本社工場増築
国土交通大臣認定工場として「Rグレード」を取得
2007年
国土交通大臣認定工場「Rグレード」更新
2012年
国土交通大臣認定工場「Rグレード」更新
2015年
創業80周年を迎え、HPを開設
代表取締役に塚本勝巳が就任(H27.8.8)
2016年
工場照明設備のLED化及び更衣室の改装
天井クレーン(2.8t)2台の入替
鉄骨 CAD/CAMシステム REAL4導入
本社工場敷地内アスファルト舗装
2017年
国土交通大臣認定工場「Mグレード」を取得